自分だけのメディアを創る

あえて媒体名は出しませんが、有名なスポーツ紙でも、少ないものは 発行部数が2〜3万部しかありません。 しかし、1ページの全段(15段)を使う全面広告の定価は 数十万円もします。あくまで定価ですが…。

これに匹敵する、いやいや、この3分の1でもいいです。 自分だけのメディア(媒体)を持てたらいいとは思いませんか? たとえば、10,000部発行のメールマガジン。  

・他社の広告を掲載して、掲載料をいただく。  
・同じく、モノが売れたら、成果報酬が自動的に入ってくる。  
・自分で作った商材を売る。

なんでもできますね。どんな商売だってできます。 このメディアですが、 別にメールマガジンだけではありません。 アクセスがじゃんじゃん来るウェブサイトでも同じです。 Yahoo!JAPANの超ミニ版でも十分! これを、 自分ひとりで自由に使えたら、こんなスゴいことはありません。

さて、このメディアをどのように創るか? それについては、徐々にお伝えします。 まず、必要なことは、 自分だけのメディアを創るということが、 どれだけメリットのあることなのか? それをイメージして欲しいのです!

そして、夢(目標)を持ってください。 これがなければ、努力は持続できません。 これがあれば、地道にがんばれます! そして、がんばれば必ず、 「寝ていても、どんどんお金が貯まる仕組み」 を創ることができるのです。

スポンサードリンク