新MSNサーチ対策は必要か?

そういえば、MSNサーチが新しくなりましたね。 3大検索エンジンといわれながらも、 サイトオーナーからは Yahoo!JAPAN、Googleに比べ、かなり軽視されております。 でも、ビル・ゲイツさん、ヤル気満々なんですよ。 MSNが検索エンジンのシェアを伸ばす可能性大です。

ネットの世界は一年もあれば、ガラッと変わってしまいますので 要注意! このMSN新エンジン、かなり精度がアップしております。 表示のポジションが下がったサイト、アップしたサイトと 色々ですが、私の関係するサイトはどれも順位をアップさせてます。

現段階でも私の個人的な感触ですが、新MSNは、「ストリクト」を かなり重視しているようです。 「ストリクト」とは、見出しと段落が整っているHTMLの記述で、 各ページごとに必ずh1から順にh2・h3…という見出しタグを整然と使い、 strong・emなどでキーワードを適度に強調した構成が、好まれている ようです。

Yahoo!JAPAN、Googleもそうですが、 今後、比較的きちんと記述されたウェブページを 優先的に検索結果に反映させる傾向にあるのではないかと思ってます。 SEOは、現時点では、まだ小ワザが有効です。 スパム的なワザで上位表示しているサイトもまだまだありますが、 いずれは効き目がなくなることになります。

しかし、この「ストリクト」を重視した手法は、今後ますます有力と なりますので、また機会を改めて説明したいと思います。

※2006.05現在、MSNの検索シェアは伸び悩んでます。ただ、資本もノウハウも十分ある大企業ですので、一気に変わりだす可能性はあります。

スポンサードリンク